写真館にいるプロに写真を撮ってもらう|思い出を残そう

プロに依頼しよう

Lens

お宮参りとは、赤ちゃんが生まれた事を神様に報告し、今後の成長を願うために行うものです。そのため、赤ちゃんにとっては、初めての行事ごとでもあります。一般的にお宮参りの時期は、男の子の場合だと、生後31日目で女の子の場合だと32日目が一般的な目安とされています。しかし、地域によって風習が異なったり、母子ともに体調の変化があったりするため、必ずしもこの日にこだわらなくてもよいとされています。赤ちゃんが生まれて30日前後であれば、よいとされているため母子の体調や天気などが良い日を選んで行くとよいでしょう。

お宮参りが終了すると、赤ちゃんの成長記録を残そうと神社で写真を撮る家族などが沢山います。また、写真館では、家族揃って写真を撮ってもらうためプロの方に依頼する人もいるのです。個人的に写真撮影をすることで、子どもの表情などを一瞬も逃さず撮ることができます。また、素人だと手ブレやピンぼけなどを起こしてしまう可能性はありますが、オリジナリティー溢れる写真が思い出として残せるのです。一方、プロのカメラマンに依頼すると家族揃って写真を撮ることができ、プロの技術によって綺麗な仕上がりの写真ができるのです。このように、それぞれの写真にも特徴や魅力があるため、自分たちに合った写真の撮り方で撮影を行うと良いでしょう。お宮参りの写真は、一生思い出として残るため綺麗に残したいのであれば、プロのカメラマンに依頼して写真を撮ってもらうようにするとよいです。